由来

「福相寺」

 当寺は、正住山と号する日蓮宗の寺院で、本尊は十界諸尊と日蓮上人坐像です。

 「江戸紀聞」「改撰江戸志」などによると、当寺は、天正17年(1589)一如院日重(身延山久遠寺20世)により下谷に開創され、寛永年間(1624-1643)寺地が上野寛永寺の境内地となったため、小石川白山前に移転したとされています。

 また、一説によると、寛永5年(1628)正住院日協により谷中三崎に開創され、元禄16年(1703)火災に遭い焼失したため、その後、小石川白山前に移転したと伝えられています。

 当寺には、病気平癒に御利益があり、また福を授けてくれるという「願満大黒天」が安置されています。その由来は、当寺16世日元が大阪に立ち寄った際、長病の某氏のために同家に安置されていた伝教大師の作といわれる大黒天を清めお祈りしたところ、全快し、これが縁でこの像は日元に託され、当寺鎮護の善神として境内鎮護大黒堂に安置されたということです。江戸後期には、その「来縁の記」を刷物にして参詣者に配ったほど庶民の信仰を集め、また、遠く関西方面からも参詣者があり、その人々が奉納した石塔が今も境内に残っています。

 墓地には、俳人・長谷川零余子(昭和3年没)・かな女(昭和44年没)夫妻の句碑と墓があり、また、初代杉並区長・魚井重太郎の墓もあります。

杉並区教育委員会掲示 より